モバイルsuica 新幹線 割引 えきねっと

「モバイルSuica特急券」から「新幹線eチケットサービス」へ。東京駅から北へ向かう新幹線のチケットレスサービスが、3月14日から大きく変わる。 「モバイルSuica特急券」から「新幹線eチケットサービス」へ。東京駅から北へ向かう新幹線のチケットレスサービスが、3月14日から大きく変わる。

モバイルSuica特急券は、新幹線駅相互間の利用です。 上記のような利用をする場合、新宿−東京間のきっぷと、仙台−長町のきっぷが必要です。二つ合わせたら300円程度になりますので、モバイルSuicaの割引率のメリットが薄れてしまいます。 待ちに待った北海道新幹線もいよいよ開業しましたね。 これで北海道から九州まで新幹線がつなったことになります。 ここでは、北海道新幹線の切符を割引価格で購入できる、えきねっととモバイルSuicaについてご紹介しましょう。 また、結局どっちがお得なの? 「モバイルSuica特急券(モバトク)」は、新幹線の相互駅間において、紙のきっぷ(所定の無割引の運賃・料金)で自由席を利用する以下のねだんで普通車の指定席が利用できるというものです。 JR東日本の「モバイルSuica特急券」は、2020年3月13日をもってサービス を終了します。長きにわたりご愛顧ありがとうございました。今後はモバイルSuica もお使いいただける新幹線eチケットサービスをぜひご利用ください。 先日の東京出張で初めてeチケットを利用してみました。これ便利だな~と思いましたが、あれ?ということもありました。eチケットとはまずeチケットとは何か。新幹線のインターネット受付サービスのことで、いわゆる交通系ICカードやモバイルSuicaで新幹線に乗車できてしまうものです。 交通系ICカード・モバイルSuicaで改札を通る「えきねっと」の新幹線eチケットについて。料金・予約方法・人数・子供料金と、トクだ値・お先にトクだ値についても解説。新幹線eチケットサービスのメリット・デメリットも。 JRの新幹線や特急列車、観光列車の指定席特急券・指定席券・指定席グリーン券は、乗車する列車が始発駅を発車する日の1ヵ月前の10時から全国のJRの駅や旅行センター、主な旅行会社の窓口で一斉に発売されます。駅の窓口などで購入できるのは、運賃表や料金表に表示された通常の値段のものですが、JR各社のインターネットサイトでは自社の新幹線や特急列車の割引特急券を発売しています。「モバイルSuica特急券(モバトク)」は、新幹線の相互駅間において、紙のきっぷ(所定の無割引の運賃・料金)で自由席を利用する以下のねだんで普通車の指定席が利用できるというものです。「スーパーモバイルSuica特急券(スーパーモバトク)」は乗車変更ができませんが、さらにおトクなねだんが設定されています。購入可能時間は乗車日の1カ月前から発車時刻の6分前(スーパーモバトクは利用前日の23時40分まで)と、JR東日本の新幹線利用での便利さはこの上ありません。また、一部の特急列車では、特急券・乗車券の受取りが不要なチケットレスサービスも実施されており、スマートフォンや携帯電話で予約・購入することで駅窓口に立ち寄ることなく乗車できます。「モバイルSuica」に対応したスマートフォンまたは携帯電話をお持ちであれば、まずは「モバイルSuica」の使用登録が必要です。使用登録とチャージ(入金)が済めば、SuicaやPASMOが使用できる鉄道・バスはスマートフォンまたは携帯電話を改札機にタッチして利用できるようになります。そして、「モバイルSuica特急券」の利用登録が完了すれば、JR東日本の新幹線の指定席や自由席を購入し、窓口や券売機できっぷを受け取る必要もなく、改札機に“タッチ&ゴー”で新幹線に乗ることができます。鉄道のプロだから知っている、旅の楽しみ方やおトク情報、雑学などを紹介また、スマートフォン・携帯電話では“タッチ&ゴー”で改札機を通過できる「モバイルSuica」のサービスがあり、JR東日本の新幹線にチケットレスで乗車できる「モバイルSuica特急券」が設定されています。このように多種多様な割引きっぷがあると、どれがおトクなのかと迷いますが、乗車日や乗車列車、乗車区間、発売席数などが限定されているものが多く、簡単に比較することができます。JR東日本のインターネットサイト「えきねっと」は、クレジットカードを所持していれば、誰でもパソコン・スマートフォン・携帯電話から会員登録することができます。全国の新幹線やJRの特急列車がインターネットで予約できる「JR券申込サービス」をはじめ、JR東日本国内ツアー(往復の指定席+ホテルがセットで割引など)の予約・購入や駅レンタカーの予約など、旅がおトクに楽しめるアイテムが揃っています。JR東日本・北海道の新幹線や特急列車では、えきねっと限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」、「お先にトクだ値スペシャル」などの指定席特急券・特急グリーン券が用意されています。さらに一部の特急列車では、きっぷの受取り不要で割引となる「えきねっとチケットレスサービス」があります。1953年東京生まれ。出版社勤務を経て旅行写真作家。『JR時刻表』や『鉄道ダイヤ情報』『旅の手帖』『散歩の達人』(交通新聞社)の鉄道関連の記事を執筆。鉄道では昭和の香りが漂うローカル線や古き良き日本を感じる台湾の鉄道に嵌る。自称「飲み鉄」として鉄道旅行と地酒をこよなく愛する。主な著作に『台湾と日本を結ぶ鉄道史』(交通新聞社)、『台湾一周鉄道の旅』(光人社)、『航空旅行術』『台湾鉄道の旅2018』(イカロス出版)など。 JR東日本は、2020年3月31日(火)まで開催している「行くぜ、東北。SPECIAL冬のごほうび」キャンペーンに合わせ、秋田新幹線「こまち」ならびに東北新幹線「やまびこ」に「えきねっと」および「モバイル Suica」で会員限定のおトクな商品を発売します。 新幹線eチケットサービスで200円割引 「 えきねっと」で列車を予約し、チケットレスで新幹線に乗ると割引になる。 それが「新幹線eチケットサービス」で、改札を通るのは、事前に登録した交通系ICカード・モバイルSuica。 JR東日本には、チケットレスサービスとして「モバイルSuica特急券」があります。携帯電話端末で新幹線にチケットレス乗車できるしくみですが、新サービスにあわせて廃止されます。新幹線チケットレスサービスの乗車用端末を、携帯電話から交通系ICカードに切り換え、「えきねっと」で予約可能にするわけです。このほか、予約サービスではありませんが、特急券類を事前購入(予約)せずに新幹線を乗車する人向けのチケットレスサービスとして、上述したJR東日本の「タッチでGo!新幹線」があります。JRの列車予約サービスはちょっとばかり複雑です。数年ごとに新サービスが生まれていますので、日頃から乗り慣れていない人は、最新情報に追いついていくのに、少し骨が折れそうです。(鎌倉淳)「スマートEX」は、東海道・山陽新幹線が対象のサービスです。乗車前に新幹線チケットを購入し、交通系ICカードに登録するもので、今回の新しい乗車サービスと似ています。新サービスでは子どもの利用も可能で、1回の予約で6人まで利用することができます。その場合、人数分の交通系ICカードが必要です。予約サイトでは、運賃と料金が一体となった新幹線専用商品を発売する予定です。これまでのJR東日本の新幹線ネット予約は、「えきねっと」と「モバイルSuica特急券」に分かれていて、わかりにくい部分がありました。今回の新サービスは、この二つを、いわば統合するわけです。形としては、「えきねっと」が「モバイルSuica特急券」を吸収合併する、と表現できるでしょうか。東海道・山陽新幹線の予約には「エクスプレス予約」もありますが、有料会員制なので、新幹線に頻繁に乗車する人向けです。少し前まで「プラスEX」というサービスもありましたが、「エクスプレス予約」に統合されています。東北・上越・北陸新幹線系統で、新たなICカード乗車サービスが開始されます。交通系ICカード乗車券で新幹線指定席などに乗車できるものです。これにともない、「モバイルSuica特急券」は廃止されます。最新の新幹線ネット予約のサービスをまとめてみました。「スマートEX」は、紙の乗車券を受け取って利用することができますが、「えきねっと」でもすでに同様のことができます。在来線列車の予約が可能な点など「えきねっと」のほうがサービス範囲は広いですが、新幹線乗車に限っては、両者の機能は似たようなものになりそうです。交通系ICカードを利用した新幹線乗車サービスとしては、他にJR東日本の「タッチでGo!新幹線」と、JR東海・西日本の「スマートEX」があります。九州新幹線や九州の在来線は「JR九州列車予約サービス」で予約できます。ただし、JR九州のサービスは、チケットレス未対応です。現時点で、対応する交通系ICカードとして発表されたのは、Suica、Kitaca、ICOCAの3つ。そのほかの交通系ICカードにも対応すると思われますが、JR東日本では決まり次第案内するとしています。「タッチでGo!新幹線」は、自由席にその都度チケットを買わずに乗車できるもので、今回の新サービスよりも手軽に新幹線を利用できます。ただし、利用区間は東北・上越・北陸新幹線の首都圏エリアに限られます。JR西日本・四国には、「e5489」という列車予約サービスがあります。在来線も含めて西日本・四国・九州エリアのJR線列車を予約できますが、新幹線のチケットレス乗車には未対応です。東海道新幹線には、事前に特急券を購入しないで乗車できるチケットレスサービスはありません。これからのJRのインターネット列車予約サービスを整理してみましょう。東海道・山陽新幹線が「スマートEX」、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田新幹線が「えきねっと」。この二つが基本になります。「えきねっと」は関東甲信越以東の在来線特急も予約できます。手順としては、列車予約サイトの「えきねっと」(JR東日本・JR北海道)や「e5489」(JR西日本)で新幹線の指定席・自由席を予約する際に、交通系ICカード情報を合わせて登録します。すると、そのカードを使ってチケットレスで新幹線の自動改札を通過できるようになります。交通系ICカードによる新たな乗車サービスが行われるのは、東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線。JR東日本によると、2019年度末をメドに、「Suica」「Kitaca」「ICOCA」といった交通系ICカード乗車券で、新幹線を利用できます。 2020.3/13(金)にモバイルSuica特急券サービスが終了しました。モバイルSuica特急券で新幹線をチケットレスで乗車してた人はどうしたら良いのか。これで解決できます。「えきねっと(新幹線eチケット)」と「タッチでGo!新幹線」の違いについてもご案内しています。 交通系ICカードやモバイルSuicaで、JR東日本などの新幹線にチケットレス乗車いただけるサービスです。早めの申込でおトクな「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」も! šeチケットサービス」のお申込み、予約の変更、ご乗車方法などのご案å†äº¤é€šç³»ICカードでチケットレス乗車! Suica(スイカ)で新幹線に乗るにはどうしたらいいのでしょうか。SuicaはJR東日本のICカード乗車券ですが、原則としてはSuicaだけで新幹線には乗れません。ただし例外もあり、利用できることもあります。このページでは、Suicaを使って新幹線を利用する際の基礎知識を解説します。